top of page

球磨川河口清掃活動で山と海のつながり再認識へ

 昨年度に引き続き、八代市立金剛小学校6年生と山江村内小学校6年生による球磨川河口清掃活動を、11月22日(水曜日)に行いました。

 この活動は、球磨川河口の清掃活動を通して、災害からの復興への一環として実施しています。

 八代市に行く途中では、球磨村渡の相良橋付近に立ち寄り、国土交通省八代河川国道事務所の方から豪雨の影響や復興状況について説明を受けました。八代市水島町の球磨川河口に到着すると、金剛小学校6年生50名と合流し、グループごとに早速燃えるゴミやペットボトルを中心に清掃活動を行いました。

 活動後、金剛小学校に移動し、漁業組合の方から災害発生時の河口の様子を聞き、球磨川の上流と下流との繋がりを改めて学ぶことができました。また、その後のレクレーションでは金剛小学校児童との親睦を深めることもできました。

 今回の取り組みが、今後のさらなる学びや生活に繋がっていくことに期待したと思います。



閲覧数:7回

Comments


bottom of page