「県道崩落、商店は床上浸水、レスキュー隊が救出に」

更新日:7月14日

藤田 義治 さん(万江:淡島地区)


7月4日の朝4時頃、寝ていたら足元に水がかかって慌てて2階へ避難。1階は胸元まで床上浸水し、水と共に流木も店内に流れ込んでいた。店の前の県道は陥没していて川の水はどんどん流れてきていた。少し離れた隣家に避難し、人吉市のレスキュー隊によって救出された。商店は壊滅的な被害を受けたが、令和4年3月現在、仮店舗を構え、売上もやっと良くなってきていると話されている。



被災状況を説明する藤田さん


鎮山親水について語る藤田さん



閲覧数:20回