top of page

若手農業者 学校へ新米寄贈

 令和4年11月8日(火曜日)、山江村未来塾100人委員会若手農業者部会が新米を村内小中学校へ寄贈されました。

 若手農業者部会は、若手農業者のネットワークづくりの場であり、また子どもたちに農業という職業のことをもっと知ってもらいたいという思いから活動をされています。

 松本聖司部会長から村内の学校を代表して山田小金子校長に120キロの新米が寄贈されました。村内の学校では、ただ食べさせるだけでなく、食材として使った野菜が誰によって・どこで・どのような方法で作られたものなのかを、掲示物、放送、児童生徒の給食委員会を通じてお知らせし、給食に取り入れるようにしています。今回の寄贈は、児童が住んでいる地域の特産品を知り、伝統食文化を味わい、地域への愛着につながる機会となりました。




閲覧数:1回
bottom of page