リアルハザードマップを設置

 万江川流域において、地域の危険箇所を日常的に把握することを目的として、想定浸水深、実績浸水深を表示したリアルハザードマップを令和3年度中に5箇所設置しました。




閲覧数:8回