TOP4.png

山江村が目指す復興

太古の昔から神々や自然と共にある暮らし、自然、人がもつ自己治癒力を高め、かちゃりの精神で大人から子どもたちに継承していく復興と創生を目指します。この基本理念を「鎮山親水」とします。

最新情報

令和2年7月3日、熊本豪雨発生!!その時、山江村は・・・

線状降水帯北上、県道崩落、22の集落が孤立へ

夜の 9 時頃から大雨が降り始め、球磨川の南側に線状降水帯 がかかり北上。翌朝には田んぼの横を水がどんどん流れ、直後、淡島神社前の県道が 50 メートルにわたって崩 落、交通手段が寸断され 22 の地域(集落)が一気に孤立した。・・・

山江村が目指す復興の旗印は『鎮山親水』

「鎮山親水」を提唱した内山慶治山江村長からのごあいさつ

山の荒廃による土砂流出、山の手入れ不足による流木の発生、これらがもたらす河川への土砂堆積と道路・橋梁の通行不全、家屋の破壊。
人の力によっては制御できない豪雨に対して私たちにできることは、この度の被災の教訓と突きつけられた課題にしっかりと向き合い、かつては当たり前だった「山と川に遊び、その恵みを仕事に活かし楽しむ暮らしの形」を現代に蘇らせる努力です。この理念を「鎮山親水」と表しました。
この復興ポータルサイトはこうした目標に向かう村民・行政一体となった継続的活動を底支えするものです。

各種ご案内

金子恭之総務大臣

金子恭之総務大臣の復興応援メッセージ 

令和2年7月、人吉球磨地域を襲った未曾有の豪雨災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りしますと共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。山江村では行政だけでなく地域住民と一緒になって「被災地の今」を伝えながら「未来の地域のあり方」を発信されています。ぜひ、山江村の取り組みを広げてほしいと思います。私も被災地のために全力で復旧復興に取り組みます。

山.png

パートナー

熊本県ロゴ
logo.png
伸和コントロールズロゴ